Calendar
2017.05.
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

まどか

Author:まどか
主にミステリーが好きで色々読んでいます。特に好きな作家は東野圭吾、横山秀夫、奥田英朗、伊坂幸太郎です。

welcom!
doll03A-28.gif
訪問ありがとうございます。 読んだ本の感想を随時アップしていきます。ミステリー以外のものについてはネタバレしているものもあります。記事の冒頭に記入しているのでご注意ください。 気軽にコメントいただけると嬉しいです。
拍手する
ランキング参加中
ユーザータグ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード

my favorite novels

読んだ小説の感想をアップします。

スポンサーサイト
--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

2008.09.08 Mon 19:03
アルキメデスは手を汚さない

評価:☆3

東野圭吾が作家を志すきかけになったという作品。
出版されたのは昭和48年8月、今から数えること35年前。
ちなみにこの年の乱歩賞を受賞しています。

高校生のグループの"青春"をテーマにしているのですが、
彼らは大人が見ると「なぜそんな些細なことで?」と思うようなことで
嫉妬したり、憎みあったり、または結束を強めたりします。
中年刑事が「彼らは何を考えているか全く分からない」と何度も口にしますが、
正直、私にも掴み辛かったです・・・。

まぁ青春推理の場合、大体動機は「?」なことが多いです。
大事なのはそこでなく、
多感な少年少女達特有の心の機微をどこまで感じ取れるのか。
随分古い作品なのに、ほぼ抵抗なく読めた点は良かったですが、
肝心なキャラクターの魅力があまり伝わってこなかったのが残念です。
普通に面白いけど、ちょっと物足りない作品という感想。


"青春推理"のパイオニアとして画期的な作品になった、
と解説にありましたが、
なるほど東野さんのデビュー作「放課後」や「同級生」などにも
なんとなく通ずるものがあるように感じました。
気になる方は、読んでみてはいかがでしょうか。



スポンサーサイト

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

Copyright © my favorite novels All Rights Reserved.

Designed by Flug

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。