Calendar
2017.05.
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

まどか

Author:まどか
主にミステリーが好きで色々読んでいます。特に好きな作家は東野圭吾、横山秀夫、奥田英朗、伊坂幸太郎です。

welcom!
doll03A-28.gif
訪問ありがとうございます。 読んだ本の感想を随時アップしていきます。ミステリー以外のものについてはネタバレしているものもあります。記事の冒頭に記入しているのでご注意ください。 気軽にコメントいただけると嬉しいです。
拍手する
ランキング参加中
ユーザータグ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード

my favorite novels

読んだ小説の感想をアップします。

スポンサーサイト
--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

2010.03.01 Mon 20:59
殺戮にいたる病

スピード感ある展開と恐怖に煽られて一気読み

評価:☆4

以前からずっと気になっていたものの、
グロテスクな描写がキツイという感想が多々あり、
これまで躊躇していた作品。

ですが、このたび遂に決意して手にとってみたら、
面白くてすぐに夢中になってしまい、例のごとく一気読み。
確かに目を覆いたくなるシーンは何度かあるものの、
スピード感ある展開にその怖さが加わって物語りはどんどん加速し、
一瞬の気を緩める隙もないままに読み終えてしまいました。
こういう感覚は久しぶりです。
読んで良かった、面白かったです。

犯人、家族、元刑事の三人の視点で構成されていて、
それぞれの区切りがとても短いのも読みやすい要素。
しかし、この作品の最大の"ミソ"はそれぞれの時系列がバラバラで
物語が進んでゆくところ。
最後に頭の中でひとつに繋がったときに、
「あぁ、なるほど」と、また読み直したくなります。
こういう作品は好きです。

なのでグロイ部分も飛ばして読んでもまぁ大丈夫ですが、
ある程度はきちんと読まないと、
ラストの衝撃についていけなくなると思います。
その辺はどうかほどほどに。

想像していた暗くて思い雰囲気では決してなく、
あくまでミステリー。
同じようになかなか読めずにいる方も、
この機会に是非手にとってみてほしいと思います。


スポンサーサイト

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

Copyright © my favorite novels All Rights Reserved.

Designed by Flug

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。