FC2ブログ
Calendar
2020.07.
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

まどか

Author:まどか
主にミステリーが好きで色々読んでいます。特に好きな作家は東野圭吾、横山秀夫、奥田英朗、伊坂幸太郎です。

welcom!
doll03A-28.gif
訪問ありがとうございます。 読んだ本の感想を随時アップしていきます。ミステリー以外のものについてはネタバレしているものもあります。記事の冒頭に記入しているのでご注意ください。 気軽にコメントいただけると嬉しいです。
拍手する
ランキング参加中
ユーザータグ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード

my favorite novels

読んだ小説の感想をアップします。

2008.04.17 Thu 22:56
村山由佳


評価:☆4.5

村山由佳の第129回直木賞受賞作。
ひとつの家族を6つの角度から描いた短編集で、
それぞれの人物が織り成す別々の物語が
読み進んでいくうちに点と線とで繋がって六角形になっていくように感じる、
そんな不思議な1冊。

これほどに複雑な事情のある家族もなかなか存在しないでしょうが、
それぞれの身に降りかかる出来事はどれも現実的で、
それぞれがまた、自分の身近にもありがちな苦悩を抱えている。

友達に、恋愛に、結婚に、家庭に、仕事に・・
言葉ではうまく表せないけど、漠然とした悩みや憤りを感じる時。
解決のしようもないまま時だけが流れていく、ということがあると思う。
ふと立ち止まった時に感じる不安や虚しさ・・
そういう自分の中で処理できないものを人は誰でも持っているのかもしれない。

それぞれが違った物語なのに、なぜかそれぞれに共感できて、
もし自分がその立場だったら・・と考えると胸が痛くなる。
それでいて、「家族とは」というテーマが最後に残されるのが素晴らしい。
この1冊で色んなことを考えさせられる、とても中身が濃い作品です。
もっとこの人の書くものを読んでみたい、そう思わせてくれます。

スポンサーサイト





にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

Name
Mail
URL
Title
Message
Pass
Secret  管理者にだけ表示する
Top

Trackback URL

Top

Copyright © my favorite novels All Rights Reserved.

Designed by Flug