Calendar
2018.04.
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

まどか

Author:まどか
主にミステリーが好きで色々読んでいます。特に好きな作家は東野圭吾、横山秀夫、奥田英朗、伊坂幸太郎です。

welcom!
doll03A-28.gif
訪問ありがとうございます。 読んだ本の感想を随時アップしていきます。ミステリー以外のものについてはネタバレしているものもあります。記事の冒頭に記入しているのでご注意ください。 気軽にコメントいただけると嬉しいです。
拍手する
ランキング参加中
ユーザータグ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード

my favorite novels

読んだ小説の感想をアップします。

スポンサーサイト
--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

「隠蔽捜査」 今野敏
2008.07.31 Thu 11:20
隠蔽捜査

評価:☆4.5

最初のほうはわりと地味な話だなぁ、と思いながら読んでいたら、
物語が動き出す中盤あたりから登場人物の魅力がじわじわと発揮されてきて、
読み進めば進むほどページを捲るスピードが上がっていきました。
気づけば時間が経つのを忘れて深夜に・・・。

主人公の竜崎は警察庁の官僚、いわば"役人"。
キャリア、またはエリートとも呼ばれる地位にいるこの男、
「自分は国家を守るために身を捧げるべきだ」という信念を持っている。
そのため家庭は一切顧みず、頭の中は寝ても覚めても仕事のことばかり。
最初はなんだか嫌な奴が主人公だなぁ、という印象を持ちます。

警察組織を揺るがす大事件が勃発し、更に竜崎の身内にもスキャンダルが発覚、
その時竜崎が頼りにしたのは彼が最も忌み嫌っている幼馴染の伊丹刑事部長だった。
タイプが全く違い相容れない二人が、官僚として、男として、父親として、
巨大な組織に立ち向かい戦おうとする姿に心が痺れます。
ただのお堅い役人だと思っていた竜崎の人間味が徐徐に前面へ出てきて、
且つ伊丹との間にも新たな感情や関係が芽生えてくるあたりが見所。
最初と最後で竜崎のイメージはガラっと変わり、作者にやられたな・・・と思います。

組織にとって大事なことは何か?また、正義とは何か?
私は女なので、客観的に"かっこいいなぁ・・・"なんてのんびりした感想も持つのですが、
社会で戦う男の人の胸にはグっと突き刺さる作品かもしれません。
あくまで警察小説ですが、
会社などの組織に属する人にとっては何かしら考えさせられる点があるのでは。

スポンサーサイト


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

Name
Mail
URL
Title
Message
Pass
Secret  管理者にだけ表示する
Top

Trackback URL

Top

Copyright © my favorite novels All Rights Reserved.

Designed by Flug

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。