FC2ブログ
Calendar
2018.10.
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

まどか

Author:まどか
主にミステリーが好きで色々読んでいます。特に好きな作家は東野圭吾、横山秀夫、奥田英朗、伊坂幸太郎です。

welcom!
doll03A-28.gif
訪問ありがとうございます。 読んだ本の感想を随時アップしていきます。ミステリー以外のものについてはネタバレしているものもあります。記事の冒頭に記入しているのでご注意ください。 気軽にコメントいただけると嬉しいです。
拍手する
ランキング参加中
ユーザータグ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード

my favorite novels

読んだ小説の感想をアップします。

スポンサーサイト
--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

2008.10.27 Mon 19:59
聖女の救済

評価:☆4.5

「容疑者Xの献身」に続くガリレオシリーズ長編2作目。
さすが東野、やっぱり東野、としか言いようのない面白さ。
今回湯川が挑む相手は女、そして完全犯罪。

警察官としてあくまで正しい線から捜査をする草薙、
女性刑事特有の勘を働かせて謎を解こうとする内海、
そして突きつけられた難問に科学者として立ち向かう湯川。
立場も役割も違う3人それぞれの苦しみ、そして葛藤・・・
理屈で割り切れない感情の揺れ動きがとても切なくて、
どんどん物語に引き込まれていきました。

それでいて、、メインの謎解きには非常に頭を使わせられます。
緻密なトリックに隠された人間の深い心理、
これこそが東野圭吾の真骨頂でしょう。
”読めた”と思ったらそれはもはや騙されたのと同じ、
実はその裏にもう1枚、いや2枚、捲るべきベールが待ち受けています。

そしてようやく真実にたどり着いたとき、
読者はまずその発想に唖然とさせられ、そして、強い衝撃を受ける。
その瞬間の快感に虜になり、そしてまた彼の作品を手に取ってしまうと、
もうそこから先は溺れるようにただ東野ワールドに浸かってゆくだけ。

「容疑者X~」が好きな方なら間違いなしの1冊。
人間の愛、憎悪、それらが生み出すありえない出来事・・・。
そして最後にタイトルの意味が分かったときは、もうため息さえ出てきます。
読み始める際には必ず徹夜を覚悟してください。

スポンサーサイト


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

Name
Mail
URL
Title
Message
Pass
Secret  管理者にだけ表示する
Top

Trackback URL

Top

Copyright © my favorite novels All Rights Reserved.

Designed by Flug

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。