FC2ブログ
Calendar
2018.12.
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

まどか

Author:まどか
主にミステリーが好きで色々読んでいます。特に好きな作家は東野圭吾、横山秀夫、奥田英朗、伊坂幸太郎です。

welcom!
doll03A-28.gif
訪問ありがとうございます。 読んだ本の感想を随時アップしていきます。ミステリー以外のものについてはネタバレしているものもあります。記事の冒頭に記入しているのでご注意ください。 気軽にコメントいただけると嬉しいです。
拍手する
ランキング参加中
ユーザータグ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード

my favorite novels

読んだ小説の感想をアップします。

スポンサーサイト
--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

2008年読破のお勧め本
2008.12.27 Sat 23:53
えー、兵庫県は城崎温泉から、2008年読んだ本のベストを紹介します。

というのは冗談で、予約投稿の機能を使っておりますのであしからず。


さて、今年は一体何冊の本を読んだでしょう?
レビューに書いていないものも随分ありますが、
目標の100冊達成ならず、おそらく60~70冊くらいではないかと思います。
その中で私の独断と偏見によるお勧め本をいくつか紹介いたします。
この中にきっと、あなたが気に入るものが1冊はあるはず!


☆課題図書にしたい社会派ミステリーの傑作

  13階段

高野和明 「13階段」

私はこれを読んで、死刑執行を最終的に決めるのは法務大臣であると知りました。とても重たい小説です。しかしとても色々なことを考えさせられますし、勉強にもなります。


☆サスペンス&エンターテイメントの頂点

  ゴールデンスランバー

伊坂幸太郎 「ゴールデン・スランバー」

今年、直木賞候補を辞退して話題になった作品。ハードカバーでも絶対に買って読む価値あり。こんなに面白いフィクションが存在するとは。


☆友情、愛情、義理人情のドタバタ誘拐劇

     31430539.jpg

荻原浩 「誘拐ラプソディ」

笑って、笑って、最後は感動して。マヌケな誘拐犯とちょっとバカな小学生のとの間に芽生える友情、読み始めたらいつの間にか彼らが大好きに。


☆生き方を選べなかった哀しい女の人生

火車

宮部みゆき 「火車」

手繰り寄せる糸の先に見えてくるのは、哀れで壮絶なひとりの女の人生。女性の方に特に読んでいただきたい作品。


☆30代の色々な恋愛の形

  1ポンドの悲しみ

石田衣良 「1ポンドの悲しみ」

それぞれが望む、それぞれの幸せの形。誰もが幸せになりたくて、日々もがいてる。読んだ後にとても爽やかな気持ちになれる大人の恋愛短篇集。


☆ファン待望のガリレオ最新作はやっぱり外せない

  聖女の救済

東野圭吾 「聖女の救済」

ガリレオが挑む「虚数解」、そして暴かれる真実に揺れる草薙の心。「容疑者Xの献身」の流を継いで少し変化した二人の関係も見もの。


以上でございます。

2008年に読んだ本ですが、今年刊行されたのは「ゴールデンスランバー」と「聖女の救済」の2冊だけです。こういう括りでベスト10なんかやっても意味がないし順位なんかつけられないので、色々な分野に分けてみました。

東野圭吾のBEST10紹介は、もうそろそろ・・・もう少し待ってください。今40冊弱なんで、もう少し読んでからやりたいと思います。
スポンサーサイト


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

Name
Mail
URL
Title
Message
Pass
Secret  管理者にだけ表示する
Top

Trackback URL

Top

Copyright © my favorite novels All Rights Reserved.

Designed by Flug

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。