FC2ブログ
Calendar
2018.09.
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

まどか

Author:まどか
主にミステリーが好きで色々読んでいます。特に好きな作家は東野圭吾、横山秀夫、奥田英朗、伊坂幸太郎です。

welcom!
doll03A-28.gif
訪問ありがとうございます。 読んだ本の感想を随時アップしていきます。ミステリー以外のものについてはネタバレしているものもあります。記事の冒頭に記入しているのでご注意ください。 気軽にコメントいただけると嬉しいです。
拍手する
ランキング参加中
ユーザータグ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード

my favorite novels

読んだ小説の感想をアップします。

スポンサーサイト
--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

2008.12.30 Tue 17:01
先日2008年に読んだお勧め本の紹介をしましたが、
今回は本に興味がない人、滅多に本を読まない人、これから読書を趣味にしようと思う人、そんな人達にお勧めの俗に言う"読みやすい本"をいくつか紹介してみようと思います。

あえて記事へのリンクは貼りませんので、とりあえずお勧めポイントだけでもなんとなく読んでみていただけたら嬉しいです。


☆泣けるラブストーリーの王道

 美丘

石田衣良 「美丘」

病気で死んでしまった女の子の恋人の回想録。ありきたりの作品と言えばそうなんですが、それでも書ききった石田さんを改めて好きになりました。感動ものが好きな人にはお勧め。ラストもあくまで石田流です。
(注)文庫化されていません。

☆その面白さは折り紙つき、とにかく笑える短篇集

イン・ザ・プール  

奥田英朗 「イン・ザ・プール」

腹が立つけどどこか憎めない、おかしけどなんだか癒される、そんなはちゃめちゃな精神科医と「まともな」患者達の「まじめな」奮闘記。これを知らない人は本当に勿体無い。損してる。そういう本です。


☆犯罪者の身内が社会で生きてゆく術

手紙

東野圭吾 「手紙」

私はこれで東野圭吾にハマりました。きれいごとを一切書ず、これでもか、これでもかと目を背けたくなる現実を突きつけてくる作品。「犯罪者の身内が差別されるのは当然である」。社会の真実とは、きっとこうなのであろう。


☆止まらないスリルに心が奪われる

犯人に告ぐ

雫井 脩介 「犯人に告ぐ」

文庫で上下巻とかなり読み応えありますが、読み始めたら絶対やめられません。ドキドキする、続きが気になって仕方ない、という意味で最高に面白い作品。ミステリーだけどエンターテイメント性が強いものが読みたい方にお勧め。


☆「どんでん返し」の面白さをぜひとも体験して

ハサミ男

殊能将之 「ハサミ男」

ミステリーって一体何が面白いの?という人に是非読んでいただきたい。純粋に楽しんで、そして騙されてください。


以上です。

とにかくあまり凝ってないもの、ごちゃごちゃしてないものを選んでみました。おそらく悩まずにまっすぐ、ひたすらページを捲れる作品達だと思います。

何かの参考にでもしていただけたら嬉しいです。


スポンサーサイト


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

Name
Mail
URL
Title
Message
Pass
Secret  管理者にだけ表示する
Top

Trackback URL

Top

Copyright © my favorite novels All Rights Reserved.

Designed by Flug

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。