FC2ブログ
Calendar
2018.11.
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

まどか

Author:まどか
主にミステリーが好きで色々読んでいます。特に好きな作家は東野圭吾、横山秀夫、奥田英朗、伊坂幸太郎です。

welcom!
doll03A-28.gif
訪問ありがとうございます。 読んだ本の感想を随時アップしていきます。ミステリー以外のものについてはネタバレしているものもあります。記事の冒頭に記入しているのでご注意ください。 気軽にコメントいただけると嬉しいです。
拍手する
ランキング参加中
ユーザータグ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード

my favorite novels

読んだ小説の感想をアップします。

スポンサーサイト
--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

2009.01.25 Sun 23:22
51MXSTSX9ML__SL500_AA240_.jpg

評価:4-5.gif

これぞ本来の東野圭吾

東野さんのダークな部分が存分に露出されている作品。
好きな人はきっと「これぞ本来の東野圭吾」と感じるでしょうが、
合わない人にとってはとことん嫌悪を感じる作品なのでは。

裕福な家庭に生まれ育った主人公が、
ある一人の男によって人生を狂わされてゆく、ただそれだけの話。
驚くような仕掛けや派手さは全くないし、物語の展開も大体読めます。
が、こういう作品を「読ませる」力量こそがこの作家の凄さだと思うのです。

簡単に騙される主人公の弱さには非常にイライラしますし、
他人に自分の人生を指南されるなんて、そして転落へと誘導されるなんて、
そんなことがあっていいものかと気分が悪くなります。
「なんでそうなるの、なんで断らないの」とうんざりしながら読みました。
不気味でミステリアスな雰囲気は「白夜行」と少し似ていますが、
こちらは一人称で語られているので主人公に感情移入しやすかったです。

こういう作品は、予めその「さわり」だけでも知って読んだほうが、
より物語に没頭できると個人的には思います。
何も知らずに「どんな作品なのだろう?」とワクワクしながら読むと
期待を裏切られてしまうことになりかねませんのでご注意を。
スポンサーサイト


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

Name
Mail
URL
Title
Message
Pass
Secret  管理者にだけ表示する
Top

Trackback URL

Top

Copyright © my favorite novels All Rights Reserved.

Designed by Flug

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。