FC2ブログ
Calendar
2018.12.
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

まどか

Author:まどか
主にミステリーが好きで色々読んでいます。特に好きな作家は東野圭吾、横山秀夫、奥田英朗、伊坂幸太郎です。

welcom!
doll03A-28.gif
訪問ありがとうございます。 読んだ本の感想を随時アップしていきます。ミステリー以外のものについてはネタバレしているものもあります。記事の冒頭に記入しているのでご注意ください。 気軽にコメントいただけると嬉しいです。
拍手する
ランキング参加中
ユーザータグ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード

my favorite novels

読んだ小説の感想をアップします。

スポンサーサイト
--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

2009.01.26 Mon 14:26
あの頃ぼくらはアホでした

評価:エッセイなのでなし

作家・東野圭吾のルーツ?

作家・東野圭吾のルーツを知りたくて手に取った1冊。
彼の小学生から大学生までの人生の歩みを面白おかしく綴ったエッセイで、
読みながら「本当にアホだなぁ」と爆笑したり、時には苦笑いもしてしまう。

中学時代のエピソードには「こんな酷い学校に通っていたのか」と驚きましたが、
それでいてグレもせず、道を大きく踏み外すこともなく、
可もなく不可もなくで過ごした高校~大学時代。
定期を偽造した話が特に面白く印象に残りましたが、
こういう創造力と想像力こそが彼の小説においてさまざまなアイディアを生み出す
源となっているのだろうな、と思わず納得してしまいました。

普通の家庭に育った普通の子供(のはず)なのに、今や時代をときめく売れっ子作家。
彼の幼い頃を知る近所のおばちゃん(今はおばあちゃんか)連中や同級生達は、
一体どういう心境でその活躍を見ているのだろう。
「あいつはこういう子供だった」という話を、彼らからも聞いてみたくなります。

スポンサーサイト


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

Name
Mail
URL
Title
Message
Pass
Secret  管理者にだけ表示する
Top

Trackback URL

Top

Copyright © my favorite novels All Rights Reserved.

Designed by Flug

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。