FC2ブログ
Calendar
2020.07.
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

まどか

Author:まどか
主にミステリーが好きで色々読んでいます。特に好きな作家は東野圭吾、横山秀夫、奥田英朗、伊坂幸太郎です。

welcom!
doll03A-28.gif
訪問ありがとうございます。 読んだ本の感想を随時アップしていきます。ミステリー以外のものについてはネタバレしているものもあります。記事の冒頭に記入しているのでご注意ください。 気軽にコメントいただけると嬉しいです。
拍手する
ランキング参加中
ユーザータグ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード

my favorite novels

読んだ小説の感想をアップします。

2008.04.18 Fri 10:38
インザプール


評価:☆4.5

「こいつ、本当に医者か!?」
伊良部総合病院地下にある精神科。
そこへ現代ならではの悩みを抱えた"患者たち"が迷い込む。
彼らとそのトンデモ精神科医・伊良部が繰り広げる、
深刻だけどどこかおかしな5つの奮闘記。

医師は色白でデブ、注射フェチでマザコン。
更に看護婦は露出狂!?
こんな病院、ありえない。
ありえないのに、自分も何かに悩み、壁にぶつかり、行き詰ったら
ここへ通いたいと思ってしまう。

訪れる患者たちは、皆ごく普通の現代人。
真面目なサラリーマン、
自意識過剰な20台の女性、
携帯が手放せない高校生・・。
その症状の根源を探っていくと、
自分も何か一歩踏み外したら陥ってしまいそうな心の病気を抱えてる。
だからページをめくる手が止まらない。

それでいてこの精神科医・伊良部のとんでもなさ。
腹が立つけど面白い。
周りを気にせず、自分のやりたいように、生きたいように、生きる。
追い詰められた時に誰もが忘れてしまう、シンプルだけど大事なこと。
はちゃめちゃなんだけど、伊良部の言動が患者たちにそれを思い出させてくれる。

"自分らしく"
この線引きはとても難しいと思う。
行き過ぎると自己中、わがまま、コドモ。
だけど無理して自分をよく見せる必要だって、ない。

沢山笑ったあと、深く考えさせられ、
そしてどこか肩の力が抜けていくのを感じさせられる物語です。

スポンサーサイト





にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

Name
Mail
URL
Title
Message
Pass
Secret  管理者にだけ表示する
Top

Trackback URL

Top

Copyright © my favorite novels All Rights Reserved.

Designed by Flug