Calendar
2018.07.
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

まどか

Author:まどか
主にミステリーが好きで色々読んでいます。特に好きな作家は東野圭吾、横山秀夫、奥田英朗、伊坂幸太郎です。

welcom!
doll03A-28.gif
訪問ありがとうございます。 読んだ本の感想を随時アップしていきます。ミステリー以外のものについてはネタバレしているものもあります。記事の冒頭に記入しているのでご注意ください。 気軽にコメントいただけると嬉しいです。
拍手する
ランキング参加中
ユーザータグ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード

my favorite novels

読んだ小説の感想をアップします。

スポンサーサイト
--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

2009.02.02 Mon 20:26
イニシエーション・ラブ

評価:4.gif

”答え合わせ”に充実感が得られる再読必死本

”そういう類の本”とは知っていて読みましたが、完全にやられました。
ラストで突然それまでの物語が一気に180度グルっと回転し、
「え?は?何これ?」と、ただただ混乱の波にのまれてしまう。

冷静に、落ち着いて、もう一度整理を・・・と解説を読み、
謎解きに大よその見当がついたところで、「なるほど・・・」と。
しかしそれでも足らず、ネット上で更なる詳しい解説を探しました。
その全貌が明らかになった今は、「すごいな」の一言。
まるで白と黒とが反転するかのように一瞬にして物語が姿を変える、
あの虚をつかれた感じは最高にミステリー好きの心を揺さぶります。

しかし、全てがクリアになってしまえばただの青春恋愛小説。
この点が「だから何?」と評価の分かれ目になるんでしょうが、
そもそもが「トリックありき」な作品なので仕方ない。
なのであえて内容には言及しませんが、個人的には楽しめました。
「イニシエーション」の意味などなかなか的を得てると感じました。

同じく叙述トリックものとして「葉桜の頃に君を思うということ」が有名ですが、
あちらほどは好みが分かれることはないと思うので
これからどんどん周りにもお勧めしたいと思います。
答え合わせによって得られる充実感と爽快感、是非お試しください。

スポンサーサイト


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

Name
Mail
URL
Title
Message
Pass
Secret  管理者にだけ表示する
Top

Trackback URL

Top

Copyright © my favorite novels All Rights Reserved.

Designed by Flug

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。