Calendar
2018.07.
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

まどか

Author:まどか
主にミステリーが好きで色々読んでいます。特に好きな作家は東野圭吾、横山秀夫、奥田英朗、伊坂幸太郎です。

welcom!
doll03A-28.gif
訪問ありがとうございます。 読んだ本の感想を随時アップしていきます。ミステリー以外のものについてはネタバレしているものもあります。記事の冒頭に記入しているのでご注意ください。 気軽にコメントいただけると嬉しいです。
拍手する
ランキング参加中
ユーザータグ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード

my favorite novels

読んだ小説の感想をアップします。

スポンサーサイト
--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

2009.02.28 Sat 14:53
リピート

評価:4_20090213120742.gif

緊迫のサバイバル・ゲームとミステリーの融合

現在の記憶を持ったまま十ヶ月前の自分に戻れるという「リピート」体験、
それに挑んだ十人の男女たちが一人ずつ不審な死を遂げてゆく・・・という話。
設定はちょっとSFチックですが、蓋を開けてみればそこは謎めいたミステリーの世界。
誰が?なぜ?何のために?と、とにかくページを捲る手が止まりませんでした。

背表紙にある通り「そして誰もいなくなった」を連想させるストーリーですが、
そこにタイムトラベルが加わったところであっと驚きの仕掛けが誕生します。
謎が明かされてから「んんん?そう来たか!」と、
もう一度自分の頭の中を整理し、再度理解する・・・そしてまた納得、
「イニシエーション・ラブ」同様にお見事!と手を叩きたくなります。

「そして・・・」のような本格ミステリーではありませんが、種明かしは十分面白いです。
トリックそのものは決して難しいものではなく、むしろシンプル。
しかし、その「仕掛け方」の緻密さがこの作者の凄いところだと思います。
とても一筋縄じゃいかないのです。
頭を使うミステリーは個人的に好きなので楽しませてもらいました。

危険に身を晒されたとき、自分を守るために人はどういった行動をとるのか・・・
互いを疑い合い、騙し合い、出し抜こうと必死になる登場人物たちの心理が、
とてもリアルで作品全体に緊張感を与えているので、中だるみもありません。
主人公の青年の中に徐々に芽生える黒い感情、自己愛、
そのあたりもとても面白いのですが、しかしまた恐ろしくも感じました。
結局、欲望の赴くままに生きてもろくなことにはならない、人間は謙虚であるべきだ、
この作品にはそういうメッセージも込められていたように思います。

スポンサーサイト


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

Name
Mail
URL
Title
Message
Pass
Secret  管理者にだけ表示する
Top

Trackback URL

Top

Copyright © my favorite novels All Rights Reserved.

Designed by Flug

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。