FC2ブログ
Calendar
2020.07.
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

まどか

Author:まどか
主にミステリーが好きで色々読んでいます。特に好きな作家は東野圭吾、横山秀夫、奥田英朗、伊坂幸太郎です。

welcom!
doll03A-28.gif
訪問ありがとうございます。 読んだ本の感想を随時アップしていきます。ミステリー以外のものについてはネタバレしているものもあります。記事の冒頭に記入しているのでご注意ください。 気軽にコメントいただけると嬉しいです。
拍手する
ランキング参加中
ユーザータグ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード

my favorite novels

読んだ小説の感想をアップします。

2009.03.13 Fri 19:07
新宿鮫3

評価:☆4.5

悪女vs鮫島、緊迫の頭脳戦

もう、このシリーズは全部読破するしかないでしょう。
完全にハマってしまいました。
アクションシーンを多用した二作目の「毒猿」とはうってかわって、
三作目の本書は極上のサスペンス。
派手さはないものの、後半は鮫島に汚職・殺人の容疑がかかったりと、
嵌めたり嵌められたりの息詰まる神経戦がスリル満点で、
とにかく読み出したら絶対やめられない面白さです。

今回の犯罪者は女性で、私利私欲のために周囲の人々を利用し、
決して自らの手は汚さずに天下を取ろうとする”女王様”。
(個人的には東野圭吾「白夜行」の雪穂をちょっと連想してしまった)
悪意に満ちた人間が出てくると必ずそれに騙される人間がいるわけで、
こんな奴は絶対に許せない、周りもなんて愚かなんだ、
そう思えば思うほど熱がこもっていって、もう作者の思うツボ。
強烈な犯罪者はそれだけで読み手を物語りに引き込んでしまいます。

鮫島の活躍も勿論負けてはいません。
職務権限停止になっても虎視眈々と犯人との接触のチャンスをうかがい、
そして徐々に距離を縮めていく。
その描写がものすごく緊張感に溢れていて神経をすり減らします。
鮫島自身の口から出てくる言葉は非常にクールなのですが、
しかしこの作者は行間を読ませるのがものすごく上手く、
読めば読むほど自分の中で鮫島というキャラクターに色んな色がついていく。
どんどん魅力的になっていくのです。
参りました!

警察小説は横山秀夫だ!と思ってましたが、
横山作品には「面白い」という形容詞がしっくりこないのに対して、
こちらは爽快で清々しく、ドキドキワクワクしながら読める楽しい小説です。
どちらもまぁ、女性が好んで読むような作品かと聞かれれば・・・・・
何とも答え難いですが、マニアにはたまらないこと、間違いなしです!

スポンサーサイト





にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

Name
Mail
URL
Title
Message
Pass
Secret  管理者にだけ表示する
Top

Trackback URL

Top

Copyright © my favorite novels All Rights Reserved.

Designed by Flug