FC2ブログ
Calendar
2018.12.
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

まどか

Author:まどか
主にミステリーが好きで色々読んでいます。特に好きな作家は東野圭吾、横山秀夫、奥田英朗、伊坂幸太郎です。

welcom!
doll03A-28.gif
訪問ありがとうございます。 読んだ本の感想を随時アップしていきます。ミステリー以外のものについてはネタバレしているものもあります。記事の冒頭に記入しているのでご注意ください。 気軽にコメントいただけると嬉しいです。
拍手する
ランキング参加中
ユーザータグ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード

my favorite novels

読んだ小説の感想をアップします。

スポンサーサイト
--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

2009.05.11 Mon 14:29
パラドックス13

評価:☆3.5

帯の文句に釣られるな!

大変遅くなって申し訳ありませんが、ようやく感想アップします。

この人の作品に関しては、
期待値が高い分必然的に評価がきつくなってしまうのですが・・・。
今回に関してはやはり、肩透かしをくらった感が大きかったです。

帯の文句を読む限り久々に”ガチ理系”の内容かと想像され、
気合を入れて読み始めたのですが。
蓋を開けてみればヒューマンドラマに近いサバイバルストーリー。
正直、「え、これだけ?」と思ってしまいました。

謎の「P-13現象」によって人々は一瞬にして姿を消し、
やがて世界は崩壊を始める。
地震や異常気象が重なりもはや原型を留めていない東京の街で、
それでも生きていかねばならない現実とどう向き合っていくのか。
究極の事態で人間は何を考え、どう行動しようとするのか。

それを大きな軸にし、繰り広げられる人間模様をスパイスに
一気に「読ませる」力はさすが。
決して感情に流さることのない東野圭吾の作風は健在です。
しかし大筋は「絶望からの脱出」の繰り返しで、
これと言って目新しい試みもなく、ごくありふれたドラマという感じも。
まぁ、「人間の究極の選択」という難題を投げかけてくる点は、
一種の社会派と言えなくもないかもしれませんが・・・
二度読みたいというほどの面白さは感じませんでした。

とにかく今作の一番のがっかりの点は、
売り出し文句と内容にかなりのズレがあるところ。
「P-13現象」そのものは理系の匂いもするのですが、
あくまでその現象から生まれたルールも常識もない世界で
善悪を問い詰めながら生き延びる人々の葛藤がテーマ。
その上で、そういった人間模様を同時に楽しみながら読んでいけば、
まぁ「こういう東野圭吾もありか」という作品だとは思います。

いずれにせよ、次回昨に期待です。

スポンサーサイト


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

Name
Mail
URL
Title
Message
Pass
Secret  管理者にだけ表示する
Top

Trackback URL

Top

Copyright © my favorite novels All Rights Reserved.

Designed by Flug

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。