FC2ブログ
Calendar
2018.11.
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

まどか

Author:まどか
主にミステリーが好きで色々読んでいます。特に好きな作家は東野圭吾、横山秀夫、奥田英朗、伊坂幸太郎です。

welcom!
doll03A-28.gif
訪問ありがとうございます。 読んだ本の感想を随時アップしていきます。ミステリー以外のものについてはネタバレしているものもあります。記事の冒頭に記入しているのでご注意ください。 気軽にコメントいただけると嬉しいです。
拍手する
ランキング参加中
ユーザータグ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード

my favorite novels

読んだ小説の感想をアップします。

スポンサーサイト
--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

2008.04.18 Fri 10:57
ゲームの名は誘拐


評価:☆3

また新たな東野ワールド発見。
これほどタッチの軽い作品は初めて読んだと思います。

"狂言誘拐"を企む主人公・佐久間はものすごく頭がキレる男で、
犯罪をゲーム感覚で、しかも楽しみながら実行しようとする。
実際の誘拐犯ってこういうこと考えながらやってるのかなぁ?とか思うと、
なかなか興味深いです。

しかし"敵"もまた、つわものです。
おそらくこれまでに数々の修羅場をくぐり抜けてきたであろう男。
まさに頭脳と頭脳のぶつかり合い、
それがまた物語により一層のスピード感を与えています。

このゲームに勝てるのか?
いや、なんとしてでも勝たなければならない。

ふたりの考えや駆け引きの中に
人生を生き抜いていくヒントのようなものが書かれてある気がします。
流れに任せて一気読みしましたが、
このあたりはもう少し"裏"まで探りながら読み直してみたいところ。


まぁ、途中から落ちはなんとなく読めたんですが、
"誘拐ゲーム"のスリルは十分堪能させてもらいました。
まるで漫画を読んでいるかのような感覚に陥るテンポの良さと
ストーリー展開はお見事!
素直に「面白いから読んでみて」と言える1冊だと思います。

スポンサーサイト


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

Name
Mail
URL
Title
Message
Pass
Secret  管理者にだけ表示する
Top

Trackback URL

Top

Copyright © my favorite novels All Rights Reserved.

Designed by Flug

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。