FC2ブログ
Calendar
2018.10.
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

まどか

Author:まどか
主にミステリーが好きで色々読んでいます。特に好きな作家は東野圭吾、横山秀夫、奥田英朗、伊坂幸太郎です。

welcom!
doll03A-28.gif
訪問ありがとうございます。 読んだ本の感想を随時アップしていきます。ミステリー以外のものについてはネタバレしているものもあります。記事の冒頭に記入しているのでご注意ください。 気軽にコメントいただけると嬉しいです。
拍手する
ランキング参加中
ユーザータグ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード

my favorite novels

読んだ小説の感想をアップします。

スポンサーサイト
--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

「家日和」 奥田英朗
2009.09.24 Thu 15:20
家日和

評価:☆4

夫婦の日常の一コマを面白く、そして爽やかに

「マドンナ」や「ガール」のような雰囲気で書かれている作品。
夫婦をテーマに夫が主人公だったり、妻が主人公だったり、
色々な角度からそれぞれの本音を奥田流にサラっと爽やかに書いた短編集です。

馴れ合いの日常から生じるほんのちょっとした心の隙間、
または誰にでもきっとあるであろう"出来心"。
この作品に出てくるネットオークションにはまる妻も、
ロハスに夢中になる妻の滑稽さを小説に書いた夫も、
誰だって時には自分の欲望のままに突っ走りたくなる瞬間があるはず。
でも、なかなか最後までやりきれないのは、
夫であり、妻である自分の立場を思い出してしまうから。

そういう結婚の"不便さ"も軽くサラっと書きながら、
最終的には落ち着くところに落ち着いて、
「まぁいっか、これで」という風に物語をしめているのがやっぱりうまい。
夫婦なんてそう簡単に離れられない運命共同体だから、
ああだこうだと言ったって、結局は互いの存在の大きさの前に屈してしまう。
最後はホロリ、苦笑い。

その書き方が押し付けがましくなくて、かつ説教くさくもなく、
「あぁ、こういうのあるある。分かるなぁ」と思わせられるから、
やっぱり奥田さん好きだなぁ・・・・とあらためて感じました。
最後の「妻と玄米御飯」はご自身がユーモア小説を書くための心得なのかな?
と思われることもチラっと書かれてあって興味深かったです。

スポンサーサイト


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

Name
Mail
URL
Title
Message
Pass
Secret  管理者にだけ表示する
Top

Trackback URL

Top

Copyright © my favorite novels All Rights Reserved.

Designed by Flug

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。