FC2ブログ
Calendar
2018.10.
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

まどか

Author:まどか
主にミステリーが好きで色々読んでいます。特に好きな作家は東野圭吾、横山秀夫、奥田英朗、伊坂幸太郎です。

welcom!
doll03A-28.gif
訪問ありがとうございます。 読んだ本の感想を随時アップしていきます。ミステリー以外のものについてはネタバレしているものもあります。記事の冒頭に記入しているのでご注意ください。 気軽にコメントいただけると嬉しいです。
拍手する
ランキング参加中
ユーザータグ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード

my favorite novels

読んだ小説の感想をアップします。

スポンサーサイト
--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

「悪人」 吉田修一
2009.09.26 Sat 12:44
悪人

評価:☆4

面白い、しかし・・・タイトル負けか?

現代の若者の心の闇をとても上手く描き出した群像劇。
携帯の出会い系サイトで出会った女を殺してしまった男、
その男に本気で惚れて一緒に逃走する女。
そして被害女性が惚れていたろくでもない男。
それぞれの関わり合いから起きる悲劇、そして彼らのリアルな心情に
どんどん引き込まれてあっという間に読破してしまいました。

殺される女性の浅はかさも手に取るように分かるし、
殺す男の不甲斐なさや弱さにも読み進むうちにどんどん引き込まれます。
人は誰でも心に弱い部分を持っているのだろうけど、
そこを互いに触発し合う相手と出会った時、それは大きな負のエネルギーに変わり、
一気に誤った方向へと転がり落ちてゆくんだな・・・といいう怖さを感じました。

しかし、この犯人の男が、私にはどうしても「悪人」とは感じられず、
どこでその「悪」の部分が出てくるんだろう?と期待して読み進んだので、
最後には正直「なぁんだぁ・・・」とちょっとガッカリしてしまいました。
面白いけど何かちょっと足りないような、タイトル負けしてるような、
そんな印象が残りました。


あと、九州の田舎が舞台になっているので、方言が沢山出て来ます。
大分生まれの私にとっては馴染みのあるもので懐かしささえ感じますが、
知らない方にとってはちょっと読みにくいと思います。
私も「鉄道員」はかなり苦労しましたので・・・・・。

が、吉田さんの文章は読み手をぐいぐい引き込んでゆく巧みなテクニックで、
読み始めたらすぐに物語の世界へ入っていくことが出来ます。
個人的には「パレード」の方が後に残るものがあるので好みですが、
しかし「今夜、何か面白いものが読みたい」という時、
一晩のお供にはちょうどいい作品。お勧めです。

スポンサーサイト


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

Name
Mail
URL
Title
Message
Pass
Secret  管理者にだけ表示する
Top

Trackback URL

Top

Copyright © my favorite novels All Rights Reserved.

Designed by Flug

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。