FC2ブログ
Calendar
2018.11.
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

まどか

Author:まどか
主にミステリーが好きで色々読んでいます。特に好きな作家は東野圭吾、横山秀夫、奥田英朗、伊坂幸太郎です。

welcom!
doll03A-28.gif
訪問ありがとうございます。 読んだ本の感想を随時アップしていきます。ミステリー以外のものについてはネタバレしているものもあります。記事の冒頭に記入しているのでご注意ください。 気軽にコメントいただけると嬉しいです。
拍手する
ランキング参加中
ユーザータグ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード

my favorite novels

読んだ小説の感想をアップします。

スポンサーサイト
--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

「虚夢」 薬丸岳
2009.10.09 Fri 11:14
虚夢

評価:☆4

犯罪を犯しても罪に問われない世の中への訴え

精神病を患っているがゆえ、不起訴になった犯罪者。
責任能力とは果たして一体何なのか?
医師は目に見えない心の病を一体どうやって判断するのか?
そして精神病が免罪符となる世の中は間違っていないのか?
と、様々な問題を投げかけてくる作品。

目の前で愛する娘を殺され正常でなくなってゆく母親を中心に
彼女を取り囲む人々の困惑がありありと目に浮かぶように描かれ、
もし自分の身近な人が同じ状態になったら・・・と考えずにはいられません。

そして、被害者側からだけでなく、
病気に罹った側の視点からもその恐怖や苦しみが語られているので、
犯人に対して一方的な嫌悪感を抱かずに冷静に読むことが出来ました。


だからと言って罪が消えてしまうのはやはりおかしいと思うのですが、
人の心をそれほどまでに追いつめたもの、崩壊させたもの、
そしてそれを感知しながらも放っておいた周りの人間の無責任さについて、
怒りと同時にやり切れなさを感じます。

欲を言えばその辺りが"もう一押し足りない"という感じはしますが、
著者は特定の人を悪者にしてしまわない書き方をしているのだと考えると、
このくらいでちょうど良かったのかもしれません。

スポンサーサイト


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

Name
Mail
URL
Title
Message
Pass
Secret  管理者にだけ表示する
Top

Trackback URL

Top

Copyright © my favorite novels All Rights Reserved.

Designed by Flug

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。