Calendar
2017.04.
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

まどか

Author:まどか
主にミステリーが好きで色々読んでいます。特に好きな作家は東野圭吾、横山秀夫、奥田英朗、伊坂幸太郎です。

welcom!
doll03A-28.gif
訪問ありがとうございます。 読んだ本の感想を随時アップしていきます。ミステリー以外のものについてはネタバレしているものもあります。記事の冒頭に記入しているのでご注意ください。 気軽にコメントいただけると嬉しいです。
拍手する
ランキング参加中
ユーザータグ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード

my favorite novels

読んだ小説の感想をアップします。

スポンサーサイト
--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

「冤罪者」 折原一
2010.03.04 Thu 12:40
冤罪者

評価:☆4

読んでいる途中はとても面白い

以前から気になっていた作家さんなのですが、
評価の高いこの作品を最初に読んだのは間違いだったかもしれません。
この人の作風、特徴をもっと知ったうえでこの作品を読めば、
また違った感想が書けたかもしれない、と少し残念な気持ちです。

まず言えることは、社会派のようで決してそうではないということ。
タイトルの"冤罪"に関してはまぁそれなりに考えさせられる点はあるものの、
読み終わった後にズシーンとのしかかってくる感じがなく、
長かったわりにその点が物足りない気がしました。

しかし、サスペンスとしては面白いです。
もちろん犯人が誰?と最後まで分からないのはミステリーでもありますが、
人物の描き方や独特な雰囲気がなんだか"サスペンスドラマ"なのです。

それにしても、登場人物が全員エグくて、誰にも感情移入出来なかった。
主人公の五十嵐という男の薄っぺらい人間性はもう少し何とかならないのか。
更に、冤罪が認められて娑婆に戻ってくる河原という男。
彼の"異常さ"の描き方はとても不気味でゾクゾクさせられたものの、
その"豹変ぶり"に何か釈然としないというか、リアリティーがない。
もう少し詳しく人格について深く突っ込んで欲しかったと思います。

ただただ犯人が知りたくて、謎解きが気になって気になって、
どんどん読み進んだという感じ。
特に最後の展開がめまぐるしくてバタバタとしていたわりに、
ものすごい驚きが待っているというわけでもなく「え?これだけ?」と。
長かったわりにちょっと残念でした。
しかし、読んでいる時は面白いので評価は4です。
そう、面白いんですけど・・・ね。ただそれだけなのです。

スポンサーサイト


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

Name
Mail
URL
Title
Message
Pass
Secret  管理者にだけ表示する
Top

Trackback URL

Top

Copyright © my favorite novels All Rights Reserved.

Designed by Flug

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。