Calendar
2017.05.
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

まどか

Author:まどか
主にミステリーが好きで色々読んでいます。特に好きな作家は東野圭吾、横山秀夫、奥田英朗、伊坂幸太郎です。

welcom!
doll03A-28.gif
訪問ありがとうございます。 読んだ本の感想を随時アップしていきます。ミステリー以外のものについてはネタバレしているものもあります。記事の冒頭に記入しているのでご注意ください。 気軽にコメントいただけると嬉しいです。
拍手する
ランキング参加中
ユーザータグ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード

my favorite novels

読んだ小説の感想をアップします。

スポンサーサイト
--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

「愚行録」 貫井徳郎
2010.03.06 Sat 18:27
愚行録

評価:☆4.5

シンプルな構成だが「読ませる」作品

平和な一家四人が何者かに惨殺される事件が起き、
その夫婦の現在から過去に至る知人たちの語りで徐々に
彼らの肖像が明らかにされてゆくという構成。
宮部みゆきさんの「理由」、雰囲気は東野圭吾の「悪意」とも似ている。

同じ人物でも、見る人によって印象は様々。
色々な関係者の語りの中で描き出される殺された夫婦の姿が、
時には「素晴らしい」人であったり、「優しい人」であったり、
また時には「酷い人」であったり様々で、
どれにもとてもリアリティーがあって引き込まれていった。

人間の本性とでも言うべき強欲さやずる賢さが露になっても、
接する相手の立場や心理状態によってはそれが全く別のものに変化する。
目に見えないからこそ、感じたことが全てになってしまう。
彼女に憧れる女性、彼女に嫉妬する女性、彼女に恋心を抱く男性、
それぞれが創り出す彼女の姿は違っていても、どれも真実。

その複雑な構図を客観的に見ることが出来て、
人の心も、その姿も、何が本当で何が嘘かなんて誰にも分からない、
そういう怖さをしみじみと感じさせられた。
そして救いようのない"もうひとつの物語"も同様、
最後に読者の心にズシっと重たいものを残して終わり、
読後感はいい意味で「最悪」だ。


ミステリーとしての驚きや衝撃は無いが、
ただ人の心理を描いただけなのにものすごく強烈なインパクトがあり、
もっと知りたい、もっと読みたい、という気持ちにさせられた。
こういう作品は好きだ。やはり貫井さんはうまい。
シンプルな構成でここまで「読ませる」、その筆力もまたお見事だと思う。

スポンサーサイト


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

Name
Mail
URL
Title
Message
Pass
Secret  管理者にだけ表示する
Top

Trackback URL

Top

Copyright © my favorite novels All Rights Reserved.

Designed by Flug

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。