Calendar
2017.04.
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

まどか

Author:まどか
主にミステリーが好きで色々読んでいます。特に好きな作家は東野圭吾、横山秀夫、奥田英朗、伊坂幸太郎です。

welcom!
doll03A-28.gif
訪問ありがとうございます。 読んだ本の感想を随時アップしていきます。ミステリー以外のものについてはネタバレしているものもあります。記事の冒頭に記入しているのでご注意ください。 気軽にコメントいただけると嬉しいです。
拍手する
ランキング参加中
ユーザータグ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード

my favorite novels

読んだ小説の感想をアップします。

スポンサーサイト
--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

2010.03.09 Tue 14:37
週末のフール

☆3.5

世界の終わりにあなたはどう生きるか

「8年後、小惑星の衝突により地球は滅亡する」と発表され、
人々は混乱し、パニックに陥り、そして世の中の秩序は失われた。
それから5年が経ち、嵐が過ぎ去った後のように静かになった世界で、
絶望と戦いながらも己の人生を見つめなおし、
最後までそれを全うしようとする人々の姿を穏やかに描いた連作短編。

こういう作品は、いい作品かそうでないかは論じられない。もう好みの問題だと思う。
このSFチックな設定で「生と死」というデリケートなテーマについて、
果たしてどれだけ感情移入して読めるのか。ただそれだけだ。
そういう観点での私の評価は、やはり他の伊坂作品よりも少々低めだ。

伊坂さんの作品はたいてい心の状態が安定している時に読むのだが、
これこそ平和で幸福な時に読むべき作品なのかもしれない。
少々浮世離れした彼の独特な世界観は、
自分が悩みや問題を抱えて不安定な状態の時に読んでも正直ちんぷんかんぷんで、
そのメッセージが心にスっと入ってこない。
心から邪念を取り払い、真っ白で穏やかな気持ちで読むのに適した作品だ。

スポンサーサイト


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

Name
Mail
URL
Title
Message
Pass
Secret  管理者にだけ表示する
Top

Trackback URL

Top

Copyright © my favorite novels All Rights Reserved.

Designed by Flug

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。