Calendar
2017.05.
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

まどか

Author:まどか
主にミステリーが好きで色々読んでいます。特に好きな作家は東野圭吾、横山秀夫、奥田英朗、伊坂幸太郎です。

welcom!
doll03A-28.gif
訪問ありがとうございます。 読んだ本の感想を随時アップしていきます。ミステリー以外のものについてはネタバレしているものもあります。記事の冒頭に記入しているのでご注意ください。 気軽にコメントいただけると嬉しいです。
拍手する
ランキング参加中
ユーザータグ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード

my favorite novels

読んだ小説の感想をアップします。

スポンサーサイト
--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

「白光」 連城三紀彦
2010.03.11 Thu 12:46
白光

評価:☆4.5

誰もが罪を背負って生きている

とある家族に襲い掛かる運命とも言うべき悲劇を、
それぞれの独白という形で描いたミステリアスな物語。
最初の祖父のエピソードからすぐにその世界に引き込まれ、
その謎と秘密に迫るごとく最後まで一気に読んでしまった。

少女を殺した犯人は誰か?ラストまで引っ張られるが、
途中からそれを特定することに実は大きな意味はないことが分かる。
ネタバレになるのでこれ以上は書けないが、
家族一人一人が背負った罪がひとつの大きな渦になり、
この一家を覆い尽くしている様が目に浮かぶようだった。

嫉妬する者も我慢し続ける者もそれぞれどこか臆病で、
だけど少しづつ自己中心的で、
分かり合えずにすれ違ったまま悲劇の渦へと巻き込まれてゆく。
自分の忍耐の裏に自分よりもっと苦しんでいる人がいること、
誰もその時には気づかない。
自分が一番かわいそうで一番不幸だと思ってしまうのだ。
なんともやりきれない、悲しい話だ。
やはりこの作家さんはこれからも読み続けようと思う。

スポンサーサイト


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

Name
Mail
URL
Title
Message
Pass
Secret  管理者にだけ表示する
Top

Trackback URL

Top

Copyright © my favorite novels All Rights Reserved.

Designed by Flug

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。