FC2ブログ
Calendar
2018.11.
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

まどか

Author:まどか
主にミステリーが好きで色々読んでいます。特に好きな作家は東野圭吾、横山秀夫、奥田英朗、伊坂幸太郎です。

welcom!
doll03A-28.gif
訪問ありがとうございます。 読んだ本の感想を随時アップしていきます。ミステリー以外のものについてはネタバレしているものもあります。記事の冒頭に記入しているのでご注意ください。 気軽にコメントいただけると嬉しいです。
拍手する
ランキング参加中
ユーザータグ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード

my favorite novels

読んだ小説の感想をアップします。

スポンサーサイト
--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

2008.06.19 Thu 20:17
ベターハーフ


評価:☆☆☆☆★

バブル絶頂期から崩壊後の時代の移り変わりを背景に、
一組のカップルの行く末を描いた内容盛り沢山の1冊。
夫とは?妻とは?父親とは?母親とは?
夫婦とは?家族とは・・・・?
答えのない疑問と課題が次から次へと投げかけられてきます。

半分くらいから、次にはきっとこういうことが起きるんだろうな・・
とおおよそ先が読めてくるのですが、
それでもその時代・その場面で夫婦が直面する問題、
2人の気持ちや台詞にはものすごくグサっと核心をつくものが多く、
非常に納得させられもし、また深く考えさせられます。

この作品の中で起きる出来事は、
まだ自分が未体験の出来事、もしくは一生遭遇しない出来事かもしれませんが、
もしこういうことが起きたら一体どうなるんだろう?と不安になります・・・。
しかし、個人的にこの主人公の女性の気持ちには賛同出来る点が多かったです。
同時に夫の気持ちも・・・きっと、こんな風なんだろうなぁ。

女性作家の作品にしては綺麗ごとが一切排除されていて、
読んでいて好感を持てる作品でした。
あと5年後、10年後に読んだら、☆5つつけたかもしれません。

スポンサーサイト


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

読んでみたい!
唯川恵は昔からたくさん読んだよ。
でも最近はごぶさたしてる。
なんか彼女の本よりも、東野圭吾みたいな「重~い」本の方が読みたい気分なの。
この「軽い」「重い」ってまどかちゃんなら分かるよね?
でも最近は忙しくて全然本読めていない(*ノД`*)忙しい時は「軽い」本がいいかもね。サクっと読めちゃうから。
ところで唯川さんは軽めの本が多いけど、これは軽い??
From:ナナフィー URL 2008.06.20. Fri 08:05 [Edit]
★ナナフィーちゃんへ
軽くはないけど、思いというより「シビア」かな?
結婚して2年経った今だから、賛同できる点が多かったかも。
これから結婚する方には夢をブチ壊してしまいそうで、あまりお勧め出来ないような(^_^;
「永遠の途中」って読んだことあるかな?
レビュー書いてないけどこっちのほうがいいかも。
この作品とちょっと似てるところもあるけど・・
働く女性と結婚して家庭に入った女性、2人の全く別の人生を描いた作品で。
色々と考えさせられるよ。
結局正解も不正解もなくって、"何が幸せか?"は自分自身なんだよね。
自分で選んだ道だから、いつでも自信を持っていたい。後悔はしたくない。
でも他人の芝は青く見える・・・?
読んだことなければそっちを是非読んでみて(^_^)
From:まどか URL 2008.06.20. Fri 19:53 [Edit]
Name
Mail
URL
Title
Message
Pass
Secret  管理者にだけ表示する
Top

Trackback URL

Top

Copyright © my favorite novels All Rights Reserved.

Designed by Flug

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。